今年もありがとうございました(´・ω・`)


年の瀬の大晦日、皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`) 今年の年末のオーナーはとても元気で大掃除からお料理と動き回っております(*^^*)

ーオーナーからのご挨拶(^ω^≡^ω^)ー

今年も「melc*lilli(メル*クリリ)」に沢山ご来店いただきありがとうございました。

来年もたくさん鉱物をお届けしますのでどうぞお楽しみ(^ω^≡^ω^)

近々お店に並ぶ予定の鉱物たちです、「珍しいドイル、ブラックフォリスト産のフローライト」、「ロシア産 シュンガイトの丸玉」
「ブラジル産 トロル石」、翠銅鉱、ロシアンアマゾナイト、チャロアイト、星葉石などなど沢山ご用意していますのでお楽しみに(*^^*)

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい(*^^*)ノシ

img

・高画質の別窓での表示はこちら

melc*lilliのオリジナル商品のご紹介です(´・ω・`)


いよいよ気温が一桁代になってきました今日このごろ {{(|||´・ω・`)}} プルプル
皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)

今回は、「melc*lilli(メルクリリ)」のオリジナル商品のご紹介です(b・ω・d)イェァ♪

天然石ビーズにメルクリリオリジナル真鍮パーツを組み合わせた、動物モチーフのストラップになります(*´ω`*)

今回は「猫ストラップ」のご紹介です(´・ω・`)

.。゚+..。゚+. *+:。.。 。.。:+*  .。゚+..。゚+

商品詳細

全長:約4cm(猫部分のみ)
横幅:約1cm
販売価格:¥1,800-(税込み)

.。゚+..。゚+. *+:。.。 。.。:+*  .。゚+..。゚+

img

天然石ビーズの種類によって猫の種類が変わります+.(≧∀≦)゚+.゚

・高画質の別窓での表示はこちら

img

オニキスは黒猫 =^._.^= ∫

・高画質の別窓での表示はこちら

img

ピクチャージャスパーは茶トラ猫 (=^・ω・^=)

・高画質の別窓での表示はこちら

img

ダルメシアンジャスパーはぶち猫 (=^-ω-^=)

・高画質の別窓での表示はこちら

img

こちらはレッドタイガーアイは濃い目の茶トラ猫  /ᐠ。ꞈ。ᐟ\

・高画質の別窓での表示はこちら

いろんなタイプの猫を増やしていきますのでお楽しみに(´・ω・`)

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

前々から猫グッズを出したいと思っていましたが、今回やっと出すことができました(*´ω`*)

猫耳真鍮パーツは、Web担当「荻久保」が制作しています(*´ω`*)原型から製作したオリジナルパーツです。

猫耳パーツは卸も出来ます。30個での受注です。興味のある方はこちらのリンクからWeb担当「荻久保」のホームペジよりお問い合わせください。

平成から令和へ(´・ω・`)へ


平成から新しい年号の「令和」へと変わる節目ということで、お店のことを少し振り返ってみました(´・ω・`)

2010年秋

「庭にプレハブ作ればいいじゃん」

娘のその一言からメルクリリは始まりました。

「石の好きな人はどこからでも来るよ」

節目の時にいつも娘はひらめきの一言をくれます。

フリマの続きみたいで楽しいかも・・・と思いました。

(1990年代から2000年の始めごろ、趣味でフリマで鉱物を売っていました。当時は委託販売でした。)

そして2011年1月メルクリリの始まり始まり。気が付いたら早8年。ありがたいことに、たくさんのお客さんが訪れてくれるようになりました。面白いお客さんがたくさんいます。石も面白いけど、お客さんたちがとっても面白いです。(楽しいじゃなくて面白いんです笑)おのおの自分に合った石をお持ち帰りになります。ありがとうございます。

「私に合った石を選んでくださいますか?」

と時々聞かれますが、選びません( ^ω^ )。やっぱり自分が好きな石を選ばれるのがいいと思います。鉱物として石が好きな方、パワーストーンとして石が好きな方、色々ですが自分でお金を出して買うんだから自分の好きなのがいいです。

好きなものを選んだほうが楽しいし嬉しいですよね。

令和の時代に移りますが、これからもいろんな石をお届けできるよう頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

オーナーより

お店の中でスタンバイ中の鉱物たちです( ゚∀゚)o彡°

imgキレイなレインボーが見事な水晶丸玉です!! ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

imgピンクトルマリン ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
アポフィライト 束沸石 インド プーナ産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
モンタナアゲート アメリカ合衆国 モンタナ州産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
ジルコン アストロフィライト インド産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
翡翠 ロシア産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
水晶 雲母 ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
水晶(ダブルポイント) 長石 ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
スモーキークォーツ  ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
水晶 グリーントルマリン  ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
スモーキークォーツ 雲母 ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
バナジン鉛鉱 モロッコ産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
アクアマリン ナミビア エロンゴ産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
モスコバイト レピドライト ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
クリソコラ ジェムシリカ チリ産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
チャロアイト ロシア産
・高画質の別窓での表示はこちら

img
アメシスト マダガスカル産
・高画質の別窓での表示はこちら

新着「ルース(裸石)」のご紹介です( ゚∀゚)o彡°


暖かい日が多くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか(=゚ω゚)ノ
今回のブログは近々お店にならびます新着「ルース(裸石)」のご紹介です(´・ω・`)

こちらは「ヘマタイト イン クォーツ」になります(´・ω・`)水晶のクラックに酸化鉄が入り込んだものでオーナーも大好きなタイプの水晶のルースです( ^ω^ )
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ラピスラズリ」になります(´・ω・`)かなり濃い色でのぽっちゃりしたオーバルのカットが可愛らしいルースです( ´∀`)
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらはドミニカの「琥珀」になります(´・ω・`)きれいに研磨されているので、内包物もよく見ることが出来ます(´・ω・`)手にとって見ると大きさのわりにとても軽いのでちょっと驚きます( ´ ▽ ` )
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ラリマー(ブルーペクトライト)」のルースです(´・ω・`)放射状の模様の部分が光の反射で動いて見えるます( ゚∀゚)o彡°
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ブルームーンストーン」のルースです(´・ω・`)「ブルームーンストーン」特有の光の反射によって現れる「シラー効果」の青い輝きがとてもきれいですo( ゚∀゚)o
img

・高画質の別窓での表示はこちら

img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ローズクォーツ」のルースになります( ^ω^ )やわらかいピンク色と高さのあるラウンドカボッションカットが合わさって可愛さ増し増しになっております(=゚ω゚)o
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ラブラドライト」のルースです(´・ω・`)光を当てると現れる神秘的な青い輝きの「ラブラド効果」がかっこいいのです( ゚∀゚)o彡°
img

・高画質の別窓での表示はこちら

同じく「ラブラドラ」ですが、こちらは若干ピンク色が入って見える珍しいタイプです(о´∀`о)
img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「ルチル イン クォーツ」のルースになります(´・ω・`)ルチルのギラっとした針状結晶がとてもよくわかるタイプのルースです( ゚∀゚)o彡°こちらはペンダントで出るかもです( ゚∀゚)o彡°
img

・高画質の別窓での表示はこちら

img

・高画質の別窓での表示はこちら

img

・高画質の別窓での表示はこちら

こちらは「レピドクロサイト イン クォーツ」のルースになります(´・ω・`)レピドクロサイト・鱗鉄鉱(りんてっこう)は鉄の水酸化鉱物です( ゚∀゚)o彡°
img

・高画質の別窓での表示はこちら

今回ご紹介したルースは5月ごろからお店に並ぶ予定です(´・ω・`)

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

今年も花粉症の季節となりました (**´ >ω<)゙;`;:゙; ヘックションですが負けじとただいま品出し準備に勤しんでおります!!近日お店に大きめのレインボー水晶玉がたくさん出ますのでお楽しみに!!( ゚∀゚)o彡°

それでは、また次回のブログで(´・ω・`)


お店の商品紹介(*゚∀゚)「アメジスト」のご紹介です(´・ω・`)



お世話になっております(´・ω・`)最近はすっかり秋めいてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか(*゚∀゚)

今回のブログは、「melc*lilli(メルク*リリ)」のお店にあります、「アメジスト」の商品紹介を一部ご紹介したいと思います(´・ω・`)

マダガスカル産のファントムアメジストの磨石です(´・ω・`) 水晶結晶が成長した模様が見えるファントムタイプのアメジストです(*゚∀゚)
img
ファントムアメジスト マダガスカル産 磨石
・高画質の別窓での表示はこちら

ウルグアイ産のマンガンアメジストです(´・ω・`)  黒い二酸化マンガンのを含んだアメジストの黒光りはとても個性的ですが、ウルグアイ産のマンガンアメジストは特に結晶の輝きが群を抜いて綺麗だと思います(*゚∀゚)
img
マンガンアメジスト ウルグアイ産
・高画質の別窓での表示はこちら

南インド カウール産のシェブロンアメジストです(´・ω・`)  シェブロンはVの字紋章の意味で、先にご紹介したファントムアメジストの様に結晶の成長痕が模様に成っているタイプです。成長痕の模様の色合いではっきりVの字の模様が確認出来るものがシェブロンアメジストと呼ばれています。また同じシェブロンでも産地の名前で呼ばれる「ケープアメジスト」と言うのもあります(*゚∀゚)
img
シェブロンアメジスト 南インド カウール産
・高画質の別窓での表示はこちら

モロッコ産のアメジストの晶洞です(´・ω・`) 地中で水晶が出来る状態が少し分かる感じの大きめの標本です(*゚∀゚)
img
アメジスト モロッコ産
・高画質の別窓での表示はこちら

ブラジル産のアメジストです(´・ω・`)  男の人の手のひらサイズ位の、大きめで迫力のあるアメジストです(*゚∀゚)
img
アメジスト ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

南インド タミル・ナードゥ州産のアメジストです(´・ω・`)柔らかな淡い紫色が愛らしいアメジストです(*゚∀゚)
img
アメジスト 南インド タミル・ナードゥ州 産
・高画質の別窓での表示はこちら

ブラジル産の「カコクセナイト」と入りのアメジストに成ります(*゚∀゚)ルーペでじっくり見たくなる標本ですね(´・ω・`)
img
アメジスト  ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

ペルー産のエレスチャルタイプ(骸水晶)のアメジストです(´・ω・`) 上下両方が尖った頭になっている「両錘(りょうすい)」の結晶で、片面の方が紫色のファントムになっています(*゚∀゚)
img
アメジスト エレスチャルタイプ ペルー産
・高画質の別窓での表示はこちら

ブラジル産のアメジストです(*゚∀゚) アメジストの上に、砂糖菓子の様な「方解石(ほうかいせき)・calcite(カルサイト)」の結晶が着いています(´・ω・`)
img
アメジスト ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

ブラジル産のアメジスト スーパーセブンの原石になります(´・ω・`)
img
アメジスト(スーパーセブン) ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら

足早ではありますが、「melc*lilli(メルク*リリ)」のお店にあります、「アメジスト」の一部商品紹介でした(*゚∀゚)

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

最近の朝晩の気温がぐぐっと下がるようになりまして、オーナーは速攻でおこたつを設営しておりました(´・ω・`)
そこに、待ってましたと言わんばかりに、お店の看板猫??の二匹の茶トラの猫が嬉しそうにおこたつを占領しております(^_^;)

季節の変わり目です、皆様もどうぞご自愛ください(´・ω・`)


お店のお勧め商品のご紹介(´・ω・`)



今回のブログは、オーナーお勧めのお店の商品紹介です(*゚∀゚)

img
ルビー インド産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
水晶(レムリアンシード) ルチル入り ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
バナディナイト(バナジン鉛鉱) モロッコ産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
マンガンアメジスト ウルグアイ産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
水晶 マダガスカル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
珪乳石(こぶり石) モロッコ産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
繭(まゆ)の化石 鮮新世 オーストラリア産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
繭(まゆ)の化石 鮮新世 オーストラリア産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ヒマラヤ水晶(緑泥石入り)  ガネッシュヒマール産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
マラカイト マダガスカル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ゾイサイト(灰簾石) 丸玉
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
レッドクォーツ モロッコ産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
セプタリア 丸玉 マダガスカル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
スタウロライト(十字石)  アメリカ合衆国 メイン州 産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

最近、メールにてご予約のお問い合わせを頂いたお客様で、お知らせ頂いたメールアドレスへ返信出来ない事がよくあります。

ご予約は、ショートメールにてご連絡下さい。

[ご予約用ショートメール電話番号]
090-6798-7806

でわでわ、また次回のブログで( ゚∀゚)o


「ラリマー(ブルーペクトライト)」のご紹介(´・ω・`)



いつもお世話に成って居ります(。・ω・)Web担当の荻久保です。

今回のブログは、

「ラリマー(ブルーペクトライト)」

のご紹介です(。・ω・。)


鉱物情報

・ラリマー「青色のソーダ珪灰石(けいかいせき)/Blue pectolite(ブルーペクトライト)」

□和名:青色のソーダ珪灰石(けいかいせき)
□英名:Blue pectolite(ブルーペクトライト)
□分類:珪酸塩鉱物(けいさんえんこうぶつ)・イノ(鎖状)ケイ酸塩鉱物(単鎖状)
□化学組成:Ca2NaSi3O8(OH)
□結晶系:三斜晶系
□劈開(へきかい):二方向に完全
□色:青色 (ソーダ珪灰石は他に、無色、桃色、淡黄色、、灰色 など)
□モース硬度:4.5~5.0
□比重:2.7~2.9
□産地:ラリマー ドミニカ共和国


海の水面の様な美しい青色が特徴的な「ラリマー」(*゚∀゚)。「ソーダ珪灰石(けいかいせき)/pectolite(ブルーペクトライト)」の青色の美しい物がそう呼ばれています。産出は主にドミニカ共和国で、「ラリマー」という名前は第一発見者のドミニカ人「ミゲルさん」が、自分の娘さん「ラリッサ」と、スペイン語の「海」を表す「マール」を組み合わせて命名したと言われています。

img
ラリマー ドミニカ共和国産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ラリマー ドミニカ共和国産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
断面を研磨したものです。青色のグラデーションがよく観察出来ます。

img
ラリマー ドミニカ共和国産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
接写です(´・ω・`)この青色は、銅を起因としているとの事です。画像の標本も、よくよく見てみると赤茶色い銅が含まれているのが観察出来ます(´・ω・`)

只今お店の方では、「ラリマー」を宝飾品用にカットした裸石を多数入荷しております(*゚∀゚)機会が御座いましたら是非ご覧下さい(´・ω・`)
img
ラリマー ドミニカ共和国産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

2016年も残す所あと僅かと成りました(´・ω・`)
オーナーは、鉱物標本の本格的な整理に昼夜を問わず勤しんでおります(*゚∀゚)=3
WEB担荻久保は、自身の仕事場の大掃除が終わらず開き直っています(*゚∀゚)=3
それはさておき、

本年も沢山の皆様にご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました(*゚∀゚)
来年も、沢山の面白い鉱物をご紹介出来ます様つとめて参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます(´・ω・`)

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい( ゚∀゚)o


・今回の参考文献・

□Wikipedia ラリマー
https://ja.wikipedia.org/wiki/ラリマー

化石のご紹介(´・ω・`)



寒い日が続いています今日この頃、皆様いかがお凄しでしょうか(´・ω・`)
今回のblogは、「melc*lilli(メルク*リリ)」で販売しています、さまざまな「化石」のご紹介です(=゚ω゚)ノ

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
三葉虫 カリメネ オルドビス紀 モロッコ産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
象の歯の化石 中国産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
「燕石(えんせき)・貝化石 」中国産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
アンモナイト ジュラ紀 マダガスカル産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
「珪化木(けいかぼく)・木の化石」 マダガスカル産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
(左)レッドホルンコーラル アメリカ合衆国ユタ州 シルル紀
(右)ホルンサンゴ デボン紀 アメリカ合衆国ニューヨーク州 産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
繭の化石 鮮新世 オーストラリア産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
アンモナイト ジュラ紀 イギリス産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
アンモナイト デスモセラス マダガスカル産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
うにの化石 ジュラ紀 マダガスカル産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
モササウルスの歯の化石  白亜紀 モロッコ産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
シダの葉の化石 古生代 石炭紀 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
魚の化石(リコプテラ)  ジュラ紀後期

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
ツリテラ 始新世代 アメリカ合衆国 ワイオミング州産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
直角石 デボン紀 モロッコ産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
イクチオサウルスの背骨の化石 ジュラ紀 オクラホマ州産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
アンモナイト マダガスカル産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
うにの化石 新世代 メキシコ産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
珪化木 パームウッド(椰子の木) 3500万年前 アメリカ合衆国 ルイジアナ州産

img

・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
二枚貝の化石  シルル紀 アメリカ合衆国オハイオ州産


オーナーの一言(^ω^≡^ω^)

フリマだと、とっても良く売れる化石ですが、お店では何故だかあまり売れません、、、(; ・`ω・´)
化石は、男の人(おじいちゃんと子供)が好きな様です(´・ω・`)
売れるといいなぁ、、(´;ω;`)ブワッ

以上、化石の宣伝ブログでした‹‹\(。・ω・。)/››‹‹\(  ・)/››‹‹\(。・ω・。)/››

砂漠のバラのご紹介(。・ω・。)



いつもお世話に成って居ります(。・ω・)Web担当の荻久保です。
12月にしては暖かい日が続いていると思いきや、冬将軍の到来で朝晩の氷点下がことさら骨身にしみる今日此の頃、皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)

今回のブログは、

「砂漠のバラ/Sand Rose(サンドローズ)またはDesert Rose(デザートローズ)」

のご紹介です(。・ω・。)


バラの花弁が、まるで石化した様な不思議な形の「砂漠のバラ」。名前の通り、サハラ砂漠を始めとした世界中の砂漠地帯で見られます。「砂漠のバラ」は、水に溶けたミネラルが成長したもので、これが見つかる場所は、かつて湖など水が存在していた場所と言われています。

「砂漠のバラ」は「石膏(せっこう)/Gypsum(ジプサム)で出来たものと、「重晶石(じゅうしょうせき)/Baryte(バーライト)」で出来たものの二種類があります。


「砂漠のバラ(石膏タイプ)」

img
「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 タクラマカン砂漠産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

鉱物情報

□和名:「砂漠のバラ」
□英名:「Sand Rose(サンドローズ)」または「Desert Rose(デザートローズ)」

ー石膏タイプー
□分類:硫酸塩鉱物(りゅうさんえんこうぶつ)
□化学組成:CaSO4・2H2O
含水カルシウム硫酸塩
□結晶系:単射晶系
□劈開(へきかい):一方向にきわめて完全
□断口(割れた状態):平坦状
□条痕:白色
□色:無色、白色、淡褐色(たんかっしょく)
□モース硬度:2
□比重:2.32
□屈折率:1.52~1.53
□複屈折率:0,010
□主な産地(砂漠のバラ):サハラ砂漠、タクラマカン砂漠、メキシコ、オーストラリア、アメリカ合衆国 他

ー重晶石タイプー
□分類:硫酸塩鉱物(りゅうさんえんこうぶつ)
□化学組成:BaSO4
バリウムの硫酸塩
□結晶系:斜方晶系
□劈開(へきかい):三方向完全
□断口(割れた状態):平坦状
□条痕:白色
□色:無色、白色、淡褐色(たんかっしょく)
□モース硬度:3~3.5
□比重:4.45
□屈折率:1.63~1.65
□複屈折率:0,012
□主な産地(砂漠のバラ):サハラ砂漠、アメリカ合衆国 他


img
接写 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 タクラマカン砂漠産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

「重晶石(じゅうしょうせき)/Baryte(バーライト)」タイプの「砂漠のバラ」
img
「砂漠のバラ(重晶石タイプ)」 アメリカ合衆国 オクラホマ州産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
「重晶石タイプの砂漠のバラ」は、「石膏タイプの砂漠のバラ」よりも比重が大きいので、見た目が同じくらいの物を手に持って比べると「重晶石タイプの砂漠のバラ」はとてもズッシリと重く感じられます。


「石膏タイプの砂漠のバラ」
img
「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 サハラ砂漠産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 サハラ砂漠産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img 接写 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 サハラ砂漠産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
表面に見える粒は砂漠の砂です。もろく取れそうですが、結晶と一体化しているので簡単には取れません。

img 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 メキシコ産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img 接写 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 メキシコ産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img 「砂漠のバラ(石膏タイプ)」 アメリカ合衆国 ユタ州産  お店にて販売
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
珍しいアメリカ合衆はユタ州産の砂漠のバラです。こちらは現在お店にて販売中です。画像の物は撮影して直ぐお客様にお買い上げ頂きましたが、同じ種類のものはまだお店に在りますので機会が在りましたら是非ご覧下さい。

以上、「砂漠のバラのご紹介でした(。・ω・)


ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

お店の方は、最近新たに仕入れを行い新しい鉱物がぼちぼち出始めています(^ω^≡^ω^)
年内の予約は既に、一杯に成っています。
今年も後10日ほどと成りました、忙しさに加え、寒い日が続きますがどうぞ皆様ご自愛下さい(。・ω・)
それでは、また次回のブログもどうぞお楽しみに( ゚∀゚)o彡°


・今回の参考文献・

□楽しい鉱物図鑑1・堀 秀道 著/草思社

□宝石の写真図鑑・キャリー・ホール著/日本ヴォーグ社

□Wikipedia 砂漠のバラ
https://ja.wikipedia.org/wiki/砂漠のバラ

□Wikipedia 石膏
https://ja.wikipedia.org/wiki/石膏

□Wikipedia 重晶石
https://ja.wikipedia.org/wiki/重晶石

ルビーとサファイアのご紹介(。・ω・。)



いつもお世話に成って居ります(´・ω・`)Web担当の荻久保です。
紅葉もすっかり終わり、山は落葉を終えた木々の枝がいよいよ目立つ様に成って参りました昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)

今回のブログは、宝石としても有名な「ルビーとサファイア」の
「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」

のご紹介です(。・ω・。)


赤い宝石の代表格とも言える7月の誕生石「ルビー」と、深い青が印象的な9月の誕生石「サファイア」。全く別の鉱物の様ですが、実は「ルビー」と「サファイア」は両方とも「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」と言う鉱物に成ります(。・ω・。)


-「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」の「ルビー」-

img
ルビー原石 インド産  個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

鉱物情報

□和名:紅玉
□英名:Ruby(ルビー) :ラテン語の「赤色 Ruber」に因む
□分類:酸化鉱物(さんかこうぶつ)
□化学組成:Al2O3
酸化アルミニウム
□結晶系:六方晶系(三方晶系)
□劈開(へきかい):無し、底面および菱面体方向に裂開
□断口(割れた状態):貝殻状
□条痕:無色
□色:主な色 赤色
□モース硬度:9
□比重:3.99~4.05
□屈折率:1.76~1.77
□複屈折率:0,008
□主な産地:ミャンマー、タイ、アフガニスタン、パキスタン、ベトナム、インド、ノースカロライナ州(アメリカ合衆国)、ロシア、オーストラリア、ノルウェー、他


-「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」の「サファイア」-

img
サファイア原石 ミャンマー産  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

鉱物情報

□和名:青玉
□英名:Sapphire(サファイア) :ラテン語の「青色 Sapphirus」に因む
もともとはサンスクリット語「Sauriratan」がその始めとする説もある。
□分類:酸化鉱物(さんかこうぶつ)
□化学組成:Al2O3
酸化アルミニウム
□結晶系:六方晶系(三方晶系)
□劈開(へきかい):無し、底面および菱面体方向に裂開
□断口(割れた状態):貝殻状
□条痕:無色
□色:主な色 無色、青色、緑色、黄色、紫色、黄金色、ピンク色、褐色
□モース硬度:9
□比重:3.99~4.05
□屈折率:1.76~1.77
□複屈折率:0,008
□主な産地:ミャンマー、スリランカ、、インド、タイ、オーストラリア、ナイジェリア、モンタナ州(アメリカ合衆国)、ロシア、カンボジア、ブラジル、ケニア、マラウイ、コロンビア、他


「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」は元々は「酸化アルミニウムAl2O3 アルミナ」の鉱物で無色すが、含まれる成分の違いによって様々な色のバリエーションが現れます。
「クロム Cr」を含む事で「赤色」に、「鉄 Fe」や「チタン Ti」を含む事で「青色」に変化します。主に赤色のものを「ルビー」と呼び、それ以外のものは全て「サファイア」と呼びます(ピンクサファイア、グリーンサファイア、イエローサファイアなど)。

「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」の希少性は、その産出の少なさにあります。コランダムの成分「酸化アルミニウム」自体は、地中ではとてもありふれた成分ですが、同じ地中に豊富に存在する「酸素 O」 と「ケイ素 Si」と結びついて「珪酸アルミニウムの鉱物(藍晶石、紅柱石、珪線石)」に成ってしまう為です。

そして、大きな特徴として、ダイアモンドの次に固い「モース硬度9」の強度を持ちます。

コランダムは古くから人工結晶の研究がされていました。1904年フランスのオーギュスト・ヴェルヌイユ博士の発明した「火炎熔解法(ベルヌーイ法)」により天然石と同一のものが作られる様に成りました。その後様々な生成方法が確率され安定供給される様に成り、現在では研磨剤や工業製品の部品として使用される様に成りました(´・ω・`) 近年では、信州大学の大石修治教授のグループによる「フラックス法」で作られた、世界初の美しい六方両錐の結晶がニュースに成りました。


img
ルビー原石 インド産  個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
ルビー結晶は、画像の様な「六角卓上結晶」の他、六角柱状結晶、礫状(れきじょう)で産出します(´・ω・`)

img
ルビー原石 インド産  個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
重なって見える三角形の段々は、ルビー結晶の成長したあとに成ります(´・ω・`)

img
ルビーinゾイサイト タンザニア産  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
サファイア原石  マダガスカル産  個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
サファイアに見られる結晶系に一つ「樽形結晶(たるがたけっしょう)」。


・いろいろなルビーの磨き石・

img
ルビーinフクサイト  インド産  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
「クロム白雲母(しろうんも)/Fuchsite(フクサイト)」とルビーが混在しているタンブルタイプの磨き石です。ルビーの六角柱状の結晶形が良く観察出来ます。

img
ルビーinフェルドスパー  インド産  お店の商品
「長石(ちょうせき)/feldspar(フェルドスパー)」とルビーが混在している磨き石です。
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ルビー タンブル  産地不明  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ルビー タンブル  インド産  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

img
ルビーinカイヤナイト タンブル  インド産  個人像
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
以前ブログでご紹介しました「藍晶石(らんしょうせき)/Kyanite(カイヤナイト)」とルビーが混在しているタンブルタイプの磨き石です。

img
スピネルinグラナイト 丸玉  インド産  お店の商品
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら
海外業者さんで「ルビーの丸玉」で出ていた磨き石ですが、実際は「花崗岩を母岩としたスピネル」の磨き石でした。


・宝石のルビーとサファイア・

img
ルビーとサファイアの「ルース(裸石)」 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら


・星を宿した宝石・

ルビーやサファイヤの結晶の中には、「金紅石(きんこうせき)/Rutile(ルチル)」の針状結晶を内包しているものがあり、その作用によって光を当てると六条の光の線が現れる「スター(星彩)効果/Asterism(アステリズム)」の特性を持つものもあります。

img
スタールビーの「ルース(裸石)」 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

gif
光を動かしながら当てると六条の星が動きます。

以上、「綱玉(こうぎょく)/Corundum(コランダム)」のご紹介でした(´・ω・`)
今回ご紹介しました磨き石で、お店の商品と書いて在るものはお店で販売していますので、機会がありましたら是非見てみて下さい(。・ω・。)


ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

ここ最近オーナーは、原石の鉱物標本の品出しを沢山しています。「レムリアンシードのファントム」や「雷水晶」、「トライゴニック水晶(蝕像)」、「ティファニーストーン」、「アフリカンジェード」、「アリゾナ産アズライト」、「アポフィライト」、「エピドット入り水晶」、「ムーンストーン(大きめのタンブル)」、「シェブロンアメジスト(丸玉)」、「セレスタイン(小粒原石)」、「インディゴライト」、「スターガーネット(丸玉)」、「ジャカレー」、「メタモルフォーセス(白、グリーン、黒)」、「レピドライトトルマリン」、「エメラルド(丸玉)」、などなど新しく出ていますのでどうぞお楽しみ(^ω^≡^ω^)

それでは、また次回のブログもどうぞお楽しみに( ゚∀゚)o彡°


・今回の参考文献・

□楽しい鉱物図鑑1・堀 秀道 著/草思社

□新訂 宝石・近山 晶 著/全国宝石学協会

□新訂 宝石学必携・近山 晶 著/全国宝石学協会

□宝石の写真図鑑・キャリー・ホール著/日本ヴォーグ社

□Wikipedia コランダム
https://ja.wikipedia.org/wiki/コランダム

□Wikipedia ルビー
https://ja.wikipedia.org/wiki/ルビー

□Wikipedia サファイア
https://ja.wikipedia.org/wiki/サファイア

□Wikipedia スター効果
https://ja.wikipedia.org/wiki/スター効果

□Wikipedia Auguste Victor Louis Verneuil
https://en.wikipedia.org/wiki/Auguste_Victor_Louis_Verneuil

□Wikipedia ベルヌーイ法
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベルヌーイ法