鉱物お菓子お店休みでお菓子買えなかったので、前回の続き記事おやすみです(´;ω;`)バナジン鉛鉱のご紹介です(´;ω;`)


タイトルの通り、、(´;ω;`)五無斎鉱物スイーツを作っている和菓子屋さんに先日行ったのですが、まさかのお休みで鉱物スイーツを手に入れることが出来なかったので、今回のブログは、

「バナジン鉛鉱・褐鉛鉱(かつえんこう)/Vanadinite(バナジナイト)」


のご紹介です(´;ω;`)

img

バナジン鉛鉱 モロッコ産 個人蔵

・高画質の別窓での表示はこちら

・鉱物情報・
□鉱物名: 和名  バナジン鉛鉱・褐鉛鉱(かつえんこう)
英語名 Vanadinite(バナジナイト)
□分類:燐灰石グループのバナジン酸塩鉱物
□化学組成: Pb5(VO4)3Cl
□結晶系:六方晶系(ろっぽうしょうけい)
□劈開(へきかい):なし
□色:橙赤色、赤色、褐色
□モース硬度:3
□比重:6.57~6.88
□主な産地:鉱物標本としてのものはモロッコ産が多いですが、オーストラリア、  スペイン、スコットランド、ウラル山脈、アメリカ合衆国など世界中で産出する。

img
バナジン鉛鉱 モロッコ産 個人蔵

・高画質の別窓での表示はこちら

真っ赤な色と六角形の結晶の形に目を引く「バナジン鉛鉱・褐鉛鉱/Vanadinite」。元素「バナジウム V」を主成分とする鉱物なので英名はVanadinite(バナジナイト)となったそうです。元素のバナジウム自体は鉛の様な色なのですが、他の組成に添加されることで、鮮やかな赤色や、緑色、黄色など美しい色を見せてくれます。この特徴から「バナジウム」の名前は北欧神話の女神たちの意味の「Vanadis(豊穣と愛の女神)」にちなむそうです。本当に昔から学者先生方のロマンチックレベル高いと思っちゃいます(´・ω・`)

img
バナジン鉛鉱 モロッコ産 個人蔵

・高画質の別窓での表示はこちら

img
バナジン鉛鉱 モロッコ産 個人蔵

・高画質の別窓での表示はこちら

海外の鉱物屋さんの記事で、モロッコの砂漠地帯で取れるバナジン鉛鉱の現地レポートを見たことがあるのですが、視界一面砂漠の中で鮮やかな赤い赤い六角形の物体を見ると、まるでそれには神話が宿っているような感覚になるのかもと思ってみたりしました。以上「バナジン鉛鉱・褐鉛鉱(かつえんこう)/Vanadinite(バナジナイト)」のご紹介でした(´・ω・`)こちらはお店にもありますのでご来店の際は是非ご覧ください( ゚∀゚)o彡°

ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

旧軽にていつもブログを書いてくれているweb担当の彫金屋さんの荻久保氏がイベント出展しました。いつもお世話になっているのでお手伝いに行ってきました。とても素敵な作品を作っています。(メルクリリでも取り扱っています)最近youtubeに動画を載せています。面白いので見てあげてください。

・今回の参考文献・

□楽しい鉱物図鑑1・堀 秀道 著/草思社

□Wikipedia褐鉛鉱 https://ja.wikipedia.org/wiki/褐鉛鉱

□Wikipediaバナジウム https://ja.wikipedia.org/wiki/バナジウム

バナジウム含有ガラスの着色に関する研究 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcersj1950/69/789/69_789_313/_pdf/-char/ja