レピドライトに成ったトルマリンの仮晶(´・ω・`)


今回のブログは、レピドライトに成ったトルマリンの仮晶のご紹介です(´・ω・`)

img

レピドライト トルマリンの仮晶 ブラジル産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら

「仮晶」とは、ある鉱物の結晶が、形はそのままで中身が他の鉱物に置き換わっている現象のことで「仮像(かぞう)」とも呼ばれています(´・ω・`)

主な原因としては、例えば今回のトルマリンですと、地殻変動が起きてトルマリンのあるところに熱水などが入り込むことで起こります。ただ重要なのは、今回の場合トルマリンの化学組成と結びつきやすい他の化学組成が、入り込んだ熱水などに多分に含まれていることがポイントみたいです(´・ω・`)


img

トルマリン ブラジル産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら

・鉱物情報・
□鉱物名:和名:リチア電気石(りちあでんきいし) 英語名:Elbaite(エルバイト)
□分類:複雑なホウ珪酸塩
□化学組成: Na(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4
□結晶系:三方晶系(さんぽうしょうけい)
□劈開(へきかい):なし
□モース硬度:7~7.5
□比重:3.06
□主な産地:マダガスカル、アフガニスタン、ブラジル、カルフォルニア、など 


img

レピドライト  ブラジル産 個人蔵
・高画質の別窓での表示はこちら

・鉱物情報・
□鉱物名:和名:リチア雲母(りちあうんも)・鱗雲母(りんうんも) 
英語名:Lepidolite(レピドライト)
□分類:カリウム等を主成分とする珪酸塩鉱物
□化学組成: KAl2(AlAi3O10)(OH,F)2
□結晶系:単斜晶系(たんしゃしょうけい)(擬六方晶系)
□劈開(へきかい):一方向に完全
□モース硬度:2.5~3 ときに4
□比重:2.7~2.9
□主な産地:ブラジル、アフガニスタン、マダガスカル、カルフォルニア、スウェーデン など 


今回の「レピドライトに成ったトルマリンの仮晶」ですが、実際中はどの様になっているのでしょうか?もしかしたら中心のところはトルマリンのままだったりしないのでしょうか?(´・ω・`)?

思い切って中を割って確かめて見ようと思います(´・ω・`)

img

切断してみます(´・ω・`)
・高画質の別窓での表示はこちら

切断面を観察しやすいようにキレイに磨き上げてみました(´・ω・`)

img

切断面
・高画質の別窓での表示はこちら

ルーペでよくよく見てみると、、、全体的に均一な感じで小さいトルマリンの残りは無いようすです(´・ω・`)

img

切断面アップ
・高画質の別窓での表示はこちら

断面の状態をもう少し観察してみたいと思います(´・ω・`)鉱物の判別方法では、鉱物の硬さ「モース硬度」を基準に判断する方法があります。

モース硬度とは、鉱物の持つそれぞれの硬さを数値化して基準としたものです。
1から10段階まであり数が大きくなるに連れて硬さが増している事になります。

モース硬度計
1:滑石(かっせき)
2:石膏(せっこう)      指の爪は2~3くらい
3:方解石(ほうかいせき)   およそ10円硬貨
4:蛍石(蛍石)
5:燐灰石(りんかいせき)
6:長石(ちょうせき)     およそカッターやナイフの刃
7:石英(せきえい)・水晶
8:トパーズ
9:コランダム・ルビー/サファイア
9~10の硬度の差はとてもあります。
10:ダイアモンド

このモース硬度をもとに、仮晶内部の変化している範囲を観察してみたいと思います(´・ω・`)


まずはトルマリンです。トルマリンのモーズ硬度は「7」なので、カッターで引っかいてもの傷は付きません(´・ω・`)

img

・高画質の別窓での表示はこちら


続いてレピドライトです(´・ω・`)こちらのモース硬度は「2.5~3 ときに4」なのでカッターの歯で簡単に傷が付きます(´・ω・`)

img

・高画質の別窓での表示はこちら

それでは今回の仮晶はどうでしょうか、、、?
外側から中心にカッターの歯で引っかきますとご覧の通り簡単に傷が付きました(´・ω・`)
このことから、中心部分もすべてレピドライトへ置き換わっていることが分かりました(´・ω・`)

img

・高画質の別窓での表示はこちら

img

完全に全体がレピドライトに置き換わっています ・高画質の別窓での表示はこちら

以上レピドライトに成ったトルマリンの仮晶(´・ω・`)でした、お店の方にもいくつかこの仮晶が出ていますので見てみてください(´・ω・`)

また今回の内容をweb担荻久保のYoutubeチェンネルにUPしていますので良かったら御覧ください(´・ω・`)


ー最近のメルク*リリ(^ω^≡^ω^)ー

年末年始たっぷりお休みをいただきましたところ、現在は大忙しで目が回っているオーナーです(; ・`ω・´)
お店の方には新しい鉱物たちが続々入荷しています(´・ω・`)磨きものから鉱物標本やブレスなど多種多様のものがお店にたくさんならんでいます(´・ω・`)

今月も元気に営業中です( ゚∀゚)o彡°



・今回の参考文献・
□楽しい鉱物図鑑1・堀 秀道 著/草思社
□宝石の写真図鑑・キャリー・ホール著/日本ヴォーグ社

鉱物の面白い現象 「仮晶(かしょう)」のご紹介(´・ω・`)



お世話に成っております。Web担当の荻久保です(´・ω・`)
今回のブログは、鉱物の面白い現象、

「仮晶(かしょう)」

のご紹介です。

「仮晶(かしょう)」とは、ある鉱物の結晶が、その形を保ったまま、中身が他の鉱物に変化している鉱物の事を言います。

先ずはこちらの画像をご覧下さい(*゚∀゚)
結晶の形はトルマリンの形をしていますが、トルマリンの様な透明感は無く細部はキラキラとしています。
img
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

トルマリンの代表的な「リチア電気石」の結晶画像がこちら。見比べてみると縦に見える線など良く似ているように見えます。
img
リチア電気石/Elbaite(エルバイト) ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

実は一枚目の画像、「リチア電気石」の結晶が、主に温度や圧力などの環境の変化により、その形のまま「リチア雲母」に変化したものに成ります。

本来の「リチア雲母・Lepidolite」の画像がこちら(´・ω・`) 雲母特有のキラキラとした薄い板状の結晶が一般的です。
img
レピドライト ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら


・色々な仮晶の結晶のご紹介・

 

こちらは、「重晶石(じゅうしょうせき)/Barite(バーライト)」から「緑簾石(りょくれんせき)/Epidote(エピドート)」に成った鉱物標本に成ります(´・ω・`)
img
緑簾石 パキスタン産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 

重晶石の結晶
img
重晶石 岐阜県産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

本来の「緑簾石」の結晶。
img
緑簾石 パキスタン産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら


 

こちらは、「黄鉄鉱(おうてっこう)/Pyrite(パイライト)」から「褐鉄鉱(かってっこう)/Limonite(リモナイト)」に成った鉱物標本に成ります(´・ω・`)
img
武石(褐鉄鉱・かってっこう) 長野県産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 

「黄鉄鉱」の結晶。
img
黄鉄鉱(おうてっこう) 秋田県産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 


 

こちらは、「魚眼石(ぎょがんせき)/Apophyllite(アポフィライト)」から「セラドン石/Celadonite(セラドナイト)」に成った鉱物標本に成ります(´・ω・`)
※インドの業者さんは「仮晶だよ(*゚∀゚)」と言っていましたが、もしかしたら内包物としていっぱいに入っている状態かも知れません。
img
セラドン石 インド産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 

「魚眼石」の結晶。
img
魚眼石 インド産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら


こちらは、「菫青石/Cordierite(コーディアライト)アイオライト」から雲母に変化して、さらに風化が進み分離して出来た通称「桜石」と呼ばれるものに成ります。img

桜石 京都産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 

菫青石の結晶。
img
菫青石/Cordierite(コーディアライト)アイオライト ブラジル産
・高画質の別窓での表示はこちら
・ガラケー用低画質はこちら

 


以上、「仮晶(かしょう)」のご紹介でした(´・ω・`)

□今月のメルク*リリ

最近気の早い夏日が続いておりますが、そんな中、オーナーは今年も家庭菜園が動き始めました(´・ω・`)
少し前に植えた赤かぶの種を、植えたそばから鳥に食べられてどんより沈んでいたオーナーでしたが、心機一転して夏野菜のトマトやキュウリ、ともろこしを植え始めていました(´・ω・`)お店の方ももうすぐ夏の仕入れに時期と成りますが、暑さに負けじと頑張りたいと思います(´・ω・`)


・今回の参考文献・

□楽しい鉱物図鑑1・堀 秀道 著/草思社

□Wikipedia 仮晶
https://ja.wikipedia.org/wiki/仮晶